エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

いいエステティシャンの見極め方

信頼できて技術も満足できるエステティシャンをみつけるのは簡単なことではありません。それでは、どんなエステティシャンが理想的でしょうか?その見極め方は?

セールスではなくアドバイスをしてくれる

強引なセールスではなく、的確なアドバイスをしてくれるエステティシャンは心強い味方になります。お金の話ばかりをしてくるエステティシャンは言うまでもなくダメですが、真剣にお肌やダイエットのことを勉強していると感じられるエステティシャンの話は聞いて損はありません。

「収入はいくらか」「自由になる月々のお金はいくらか」などを親身になっているふりで尋ねてくるエステティシャンは少なくありませんが、彼女達の関心は売り上げをあげることでしかありません。ローン契約のことはよく知ってるのに、肝心な美容知識のないエステティシャンは要注意です。

外見

スタッフの外見はサロン選びの判断材料になります。自分と肌質の近いエステティシャンのアドバイスは積極的に聞けますよね。ダイエットの苦しみを知っているエステティシャンには頼ろうという気になれるものです。自分の体の管理のできない人に、他人の手伝いはなかなかできるものではありません。

「エステティシャンに求めるのは技術だけ」というならばこの点は判断材料から外してもOKですが、美肌を目指すなら美肌のエステティシャンに、痩身目的ならスラリとしたエステティシャンに、というのは基本です。エステティシャンの美容知識の深さは外見に表れているはずです。

親しみやすいけれど、近づきすぎない

通うたびに楽しくなるような親しみやすいエステティシャンは理想的です。これは相性によって大きく左右するのでこれといった基準はありませんが、「適当な距離のとりかたを知っているかどうか」というポイントは重要です。普通の友達付き合いとサロンでのエステティシャンとの付き合いは違います。あまりに親しくなり過ぎると、商品やコースを説明されたら断りにくくなってしまいます。この点もクリアしたエステティシャンに出会うことができたら、サロン探しの旅は終わりです。サロン選びは、良いエステティシャン探しでもあるのです。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.