エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

エステサロンの使い分け

エステサロンを退職した現在もエステが大好きで、お客として通っています。手頃な価格でサービスを提供するサロンが増え、単に「エステサロン」と一言では片付けられないほどに多様化してさまざまな種類のトリートメントが受けられるようになりました。気分屋の私は、その時の気分によって訪れるサロンを使い分けています。

お気に入りエステティシャンのいるサロン

手ごろな価格で、押し売りトークもなしで、技術も満足できて、なにより信頼できるエステティシャンがいる。他のサロンに浮気をしても必ず帰ってしまうようなお気に入りサロンを一軒でも知っておくと心強いです。サロンそのものよりもお気に入りのエステティシャンのために通うので、エステティシャンがお店を変わると一緒に移動してしまいます。

空き時間にクイックエステ

待ち合わせの時間までにまだ余裕がある時、疲れがたまっている感じでなんだか冴えない時、気軽に入れるクイックマッサージ・エステをよく利用します。20分2000円くらいのトリートメントでは完全に疲労感を解消することはできませんが、贅沢なランチだと思って気分を切り替えるために利用します。何よりも、疲れをためてしまわないことの方が大事です。

リラクゼーションサロン

完全な防音、心からリラックスできる個室、珍しい異国トリートメント・・・本当に疲れがたまってしまった時には、こういったリラクゼーションサロンを利用します。束の間のバカンスを愉しみ、新しく前向きな気持ちで日常生活にかえります。

美容皮膚科

気分転換やリラックス目的で利用するサロンとは違って、こちらはお肌のメンテナンスが目的です。季節の変わり目や体調の変化によってお肌はラブルを抱えやすいので、少しでも気になることがあればすぐに相談することにしています。お肌のトラブルは、長引かせると色素沈着やシミを発生させてしまうことがあります。そうなってしまっては大変なので、早めの対処を心がけています。

特別に気になるところがあるわけではないし、内部事情を知ってうんざりしてしまったわたしは絶対にコース契約を結びません。気になるときに、その日の気分によって行き先を決めています。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.