エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

エステティシャンと一緒に

良いサロンか悪いサロンか、サロンの質を決めるのはエステティシャンです。

信念があるエステティシャンほど、サロンを転々とする

仕事に対する辛抱強さが足りないというよりも、エステという仕事に対して真面目であればあるほど、経営者とはうまくいかないものです。経営者は目先の数字を上げることだけに関心があり、顧客の満足感と定着率よりも、新規客を呼び込むことばかりに目を向けています。

経営者は客にとって必要のないものまで売るようにエステティシャンに指示します。しかし、心から美のサポート役としてお客様と関わりたいと考える良心的なエステティシャンほど強引なセールスが出来ず、売り上げ成績は伸び悩みます。本当に必要なものは限られているのでなかなか売り上げに貢献することができず、経営者に睨まれてしまったり、衝突してしまったりするのです。

良心的なエステティシャンは常によりよい環境を求めています。客からのニーズと経営者からの要求で板ばさみのエステティシャンがサロンを転々とするのは珍しいことではありません。

エステティシャンと一緒にサロンを移動

家から通いやすい場所にあるとか、手ごろな価格だとか、そういった条件を乗り越えるサロンを見つけるのは難しくありませんが、お気に入りのエステティシャンを見つけるのは簡単なことではありません。人柄も技術も信頼の置けるエステティシャンがサロンを移動するとなったら、よっぽど通いにくい場所へ行ってしまうことがないかぎりは一緒にサロンを変わってしまいます。

サロンはお店を変えるエステティシャンが顧客を奪ってしまわないよう、移動先を告げることを禁じるのが通常です。何も言わずにいなくなってしまうこともあるので、「サロンを変わるときは教えてね」と事前に伝えておけば、メモを渡すなどして教えてくれたりするでしょう。人気のエステティシャンになると、こうして一緒にサロンを移動する顧客を何人も持っているものです。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.