エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

アーユルヴェーダ(あーゆるう゛ぇーだ)

アーユルヴェーダとはインドの伝統的な医学です。

1970年代に、世界保健機構によって予防医学としても認められました。

アーユルヴェーダとはサンスクリット語で「生命の科学」を意味します。インドでは空、風、火、水、地によって、世界は構成されているとされ、身体の元素(ドーシャ)がバランスよく保たれ、構成要素(ダートゥ)が正しくはたらき、不快感がない状態を健康と考えられてます。

アーユルヴェーダでは、人間の体質や性格は、ヴァータ、ピッタ、カパの3つのドーシャの強弱によってつくられていると考えられています。これらのバランスが崩れると体調が悪くなったり、肥満などを招くのです。

各ドーシャにとって最適な食事をすることが健康を保つ方法のひとつと考えています。ドーシャは元素の組み合わせによってできています。ヴァータは、空と風、ピッタは火、カパは水と地です。さらにドーシャは1日、1年、一生のなかで変化していくものとされています。

アーユルヴェーダでは個々のドーシャをチェックして、美容や医療行為に利用します。
それぞれの体質にあった精油をブレンドしてマッサージをしたり、生薬を煎じて飲ませます。ヨガもドーシャのバランスを整えるために有効とされています。

アーユルヴェーダ独自のケアとして、よく知られているのが、頭頂部から額にかけて温めたオイルをたらすシローダーラです。ストレスを解消し、瞑想状態に導くはたらきがあります。

またアヴィヤンカと呼ばれるオイルマッサージも有名です。ごまで作られた精油をベースにしたオイルマッサージをすることで体内の毒素を排出してドーシャのバランスを整えます。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.