エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

アロマセラピスト(あろませらぴすと)

アロマセラピストとは、植物由来のエッセンシャルオイルを使ったボディトリートメントやコンサルティングができる技術者のことです。

天然の植物や果実から生まれたエッセンシャルオイルは身体のダメージを癒したり、リラクゼーション効果を与えます。しかし使い方を間違えると、逆に症状を悪化させたり、不快感を与えてしまうこともあります。お客の好みや悩みを聞き出し、それに対して最も適切なオイルを選ぶことが重要です。

アロマセラピストになるには資格や免許の必要はありません。しかし民間の協会や団体が認定するアロマセラピスト資格は設けられています。たとえば日本アロマ環境協会の場合、初めにアロマテラピーアドバイザーの資格を取得し、その後、アロマセラピストの学科と論文の試験を受けます。

試験に合格すると、今度はボディトリートメントの実技試験とカルテ審査に進み、両方に合格するとアロマセラピストとして認定されます。

アロマセラピーに用いるオイルは非常に幅広く、マッサージ技術なども身につけなければならないため、アロマセラピストを目指すのであれば、専門学校や通信講座で体系的に勉強することが望ましいといわれています。

その上で資格を取得すると、就職に有利になったり、独立開業もめざせます。アロマセラピストの多くはエステティックサロンに勤務したり、出張セラピストとして活躍しています。

最近では、医療の現場でもアロマセラピーの緩和効果が着目されていて、アロマセラピストが常駐し患者の痛みやストレスを軽減する施術を行うことがあります。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.