エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ピーリング(ぴーりんぐ)

ピーリングとは、古くなった角質の層を取り除いて、肌の生まれ変わりを促すことです。

ピールは英語で「皮を剥ぐ」という意味ですが、実際には化粧品や薬物などを使って古い角質のみを落としていきます。紫外線や乾燥によるダメージや加齢によって肌のターンオーバーが乱れると、古い角質が肌の表面に積み重なっていきます。

古い角質の中にメラニン色素が含まれていると、肌のくすみやシミのもとになります。さらに肌の水分保持能力が衰えてきて、ごわつきや小ジワの原因にもなりかねません。

少量の角質であればスクラブ洗顔やパックで除去できますが、ターンオーバーの乱れが原因の場合はなかなか落とすことができないため、ピーリングを行うのが有効です。

薬剤を使用するケミカルピーリングにはAHA(フルーツ酸)やサリチル酸などが用いられます。AHAは刺激が少ないため化粧品にも配合されていますが、効果が出るのは表皮部分に限られます。

サリチル酸はエタノールやマクロゴールなどの基剤に溶かして使われます。サリチル酸を使ったピーリングは古い角質を溶かすだけでなく、皮脂バランスの改善やコラーゲン生成の促進にも効果があるといわれています。

最近ではレーザー光線を照射して角質を除去するレーザーピーリングもあります。ケミカルピーリングに比べ刺激が少ないため、敏感肌の人でも受けられるようです。医師の診断を受けたうえで、最も適した方法を選ぶといいでしょう。

ケミカルピーリングの施術は皮膚科で、レーザーピーリングは美容外科で受けられます。施術前後の肌はデリケートになっていますから、ていねいなスキンケアでしっかりいたわりましょう。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.