エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

低周波(ていしゅうは)

低周波とは周波数の範囲が1~1,000ヘルツの電流のことです。1秒間に1~1000回の刺激があります。

筋肉に電流を流して鍛えることをEMS(Eelectrical Mmuscle Stimulation)といい、専用の機器を使って行います。EMSには家庭用の機器も発売されていて、人気を呼んでいます。

リハビリや医療の現場では、EMS機を使って、肌にあてた端子の間に周波数が約1~2ヘルツの弱い電流を流していきます。痛みが感じられる部位に低周波電流を流すと、痛みをつかさどる感覚神経が刺激され、痛みが和らぐ効果があるのです。

そのためペインクリニックや緩和ケアの現場で利用されています。また周波数を100~150ヘルツに上げて、腰痛治療に用いる場合もあります。

身体に低周波の電流を通すと筋肉を収縮し、リンパ管の働きを活発にします。筋肉を収縮させる力は中周波よりも大きく、引き締め効果が高いため、痩身用マシーンやエステ用機器にも応用されています。

しかし温熱効果はなく、体内の深い部分にある筋肉には電流が届きません。中周波と低周波は効果が異なるため、治療やトリートメントの目的に合わせて使い分けるのがよいとされていますが、最近では低周波と高周波が交互に出る機器もあり、同時に利用することもできます。

低周波はエステ機器や家庭用美顔器にも利用されています。低周波が顔の表情筋を収縮させて筋肉繊維を鍛えることで、肌にハリや弾力を回復させます。法令線(ほうれいせん)や皮膚のたるみにも効果的です。またフェイスラインをシャープに整える小顔効果も期待できます。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.