エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

岩盤浴(がんばんよく)

岩盤浴とは、約40~50度に熱した天然石にタオルやシーツを敷いて横たわって身体を温めるサウナ形式の風呂のことです。

地熱のある天然の岩盤に横たわる温熱浴がその始まりで、発祥地は秋田県の玉川温泉といわれています。同じような効果がもたらされる設備が都心の日帰りの入浴施設やエステサロンなどにも設けられて、ブームを呼びました。

岩盤浴をすると、身体から、さらさらとした水のような汗が大量に出てきます。強い発汗作用によって老廃物が大量に体外に排出されていくため、新陳代謝が活発になるといわれています。

使用されている岩石によっては、遠赤外線効果やリラクゼーション効果も期待できます。遠赤外線は身体の奥までしっかりと温め、温熱効果が長続きすることが分かっています。身体がしっかり温まることによって、冷えや便秘、むくみなどの症状が改善に導かれます。

岩盤浴をすると体内の水分が失われるため、入る前にしっかり水分を補給しておく必要があります。また入浴後にも必ず水分をとりましょう。体温が急激に変化すると危険ですから、低温シャワーや水風呂などには入らないようにします。

一度に大量の汗を出すことによって肌の新陳代謝が高まり、肌トラブルを解消に導きます。美肌を目的とするのであれば、入浴の前にクレンジングをしておくと、毛穴の中の汚れまですっきり落とすことができます。

ダイエット効果を期待するならば、岩盤浴後にボディマッサージやウォーキングなどの有酸素運動を行うのもいいでしょう。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.