エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

オイルマッサージ(おいるまっさーじ)

オイルマッサージとは、アロマオイルなどを用いてマッサージすることです。

オイルでマッサージすることによって、血液やリンパ液の循環を高め、身体に溜まった老廃物を排出。新陳代謝を高めます。また使用するオイルの成分が皮膚に浸透して乾燥を和らげるとともに、余分な角質が取り除かれ、皮脂のバランスを整えます。

さらにすぐれたリラクゼーション効果も期待できます。

オイルマッサージはスウェディッシュマッサージを始め、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダのマッサージや、リンパ腺の流れに沿ってマッサージを行うリンパドレナージュ、ハワイ伝来のロミロミマッサージなどにも採り入れられています。

スウェディッシュマッサージは、少量のオイルを使用し、手の平で筋肉に刺激を与えて筋肉の緊張を緩めながら、静脈とリンパの流れを促します。

19世紀初頭、スウェーデン国民の健康のために体操や生理学の知識に基づいて開発されました。すぐに各国の医師やセラピストから注目され、アロママッサージの手法にも大きな影響を与えたとされています。

ロミロミマッサージはネイティブハワイアンに受け継がれてきたマッサージで、タッチが柔らかく、手の平以外に前腕部や肘を使ってマッサージします。セラピストを通じて自然に宿っているエネルギーを利用者に与え、自然治癒力を高めます。

オイルマッサージには植物性オイルやエッセンシャルオイルが用いられます。利用者の要望や体調に合わせて施術者がオイルを調合します。マッサージ後は温めたタオルで身体を拭き取る程度で基本的にはオイルを洗い流すことはありません。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.