エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

メソテラピー(めそてらぴー)

メソテラピーとは、皮下組織に薬剤を注射する治療法のことです。

余分な脂肪を溶解させる部分痩せ治療の他、薄毛や円形脱毛症、シワやシミなどの治療にも用いられています。

メソテラピーは、1952年にフランス人医師によって開発された治療法で、現在では世界各国で採り入れられています。治療の目的や部位に合わせて薬剤を調合し、注射器や専用のメソガンという機器を使って身体に注入します。

日本では、メソテラピーは主に美容医療に利用されています。美容外科では、腹部や足などに溜まった脂肪の除去以外に、目尻のシワや二重アゴの改善を目指し、気になる箇所に注射を行うコースなどが設けられています。

メソテラピーに使用する薬剤は大豆レシチンを始め、さまざまな種類がありますが、施術時には数種類の薬剤を混ぜるカクテル法が採用されることが多いようです。

メソテラピーは脂肪吸引治療のように脂肪細胞を完全に除去するのではなく、脂肪の代謝を促す作用のある薬剤を注射することで脂肪細胞を少しずつ分解していきます。そのため効果を出すためには3~4回以上の注射が必要です。 より大きな効果を望むのであれば、5回程度は行う必要があります。またリバウンドの可能性も少なからず見られます。

メソテラピーの施術時間は短く、約10分です。施術は1~2週間の間隔をあけて行います。注射時の痛みはほとんどありませんが、施術の翌日以降3日程度は痛みと腫れがあります。しかし、これらの症状は次第に改善されていきます。施術の前後に、日常生活を行う上で制限すべきことは特にありません。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.