エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

コラーゲン(こらーげん)

コラーゲンとは、維状のたんぱく質で、人間の体内にあるたんぱく質の4分の1を占めています。

特に皮膚に多く、全コラーゲン中、約40%が含まれています。また肌のたんぱく質のうち約70%がコラーゲンです。コラーゲンは身体や腎臓を形成して保持するほか、細胞の増殖や結合、傷の治りを促すなどさまざまな働きをします。

肌の奥深くにある真皮層で網の目のように繊維をめぐらせて、ハリや水分を保つのも重要な役割です。体内ではコラーゲンの分解と合成が常に繰り返されていますが、加齢によってこのバランスは崩れていき、徐々に分解の方が増えていきます。

コラーゲンの生成量は25歳前後から減少していき、その年齢を超えるとシワやたるみといった肌のエイジングサインが見られるようになるのです。さらにコラーゲンの不足は、各細胞への酵素や栄養の供給を滞らせて老廃物を体内に溜まりやすくし、さまざまな老化現象を促していきます。

細胞の老化を阻止するには、体外から積極的にコラーゲンを補なって、新陳代謝を高める必要があります。コラーゲンは体内に吸収されると粘膜を守り、皮膚の奥深くにある真皮層の組織を活性化させ、潤いや弾力をよみがえらせます。

食品やサプリメントで補う場合は、熱や刺激によって壊れやすい性質を持っているので、吸収されやすい形のものを選びましょう。粒子が小さいコラーゲンペプチドや分子構造を短く加工してあるものがベストです。

またビタミンCやカルシウムと一緒にとると、より効果が高まります。化粧品で補う場合は、肌に含まれているコラーゲンの構造に近いものを選ぶと、吸収しやすくてよいでしょう。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.