エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

真珠パウダー(しんじゅぱうだー)

真珠パウダーとは、天然真珠を粉末化したもので、漢方では美容や健康の維持に用いられていました。

その歴史はたいへん古く、古代エジプト女王のクレオパトラは毎日、真珠パウダーに牛乳を混ぜて顔に塗っていたと伝えられています。また中国では珍珠末と呼ばれ、歴代皇后や王妃達が服用して若さと健康を保っていました。

真珠パウダーには真珠独自のたんぱく質であるコンキオリンが含まれています。真珠貝が他の貝に比べて強い輝きを発しているのは、この成分が豊富に含有されているためです。

真珠のコンキオリンは17種類のアミノ酸によってできてます。そしてその組成はコラーゲンに非常によく似ています。さらに皮膚の内部の角質層に存在している天然然保湿因子の働きを助けて、保湿力を高めることが分かっています。

さらにコンキオリンには抗酸化作用や細胞を活性化する作用もあるといわれています。その他、カルシウムやミネラル分も豊富で、細胞の発育を増して血液の巡りをよくします。

真珠パウダーは、ニキビや吹き出物にも効果があります。週に2回を目途に、真珠パウダーを少量、卵白に溶かしてパックすると効果的です。また真珠パウダーにラベンダーやローズなどの芳香蒸留水を加えて、化粧水を作ることもできます。

保湿力が高く肌の乾燥を和らげるほか、真珠パウダーの抗酸化力がシワやたるみを改善に導きます。くすみやざらつきの解消にも利用できます。手持ちのクリームやローションに混ぜて使うこともできます。料理やお茶に加えて摂ってもいいでしょう。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.