エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

アロマオイル(あろまおいる)

アロマオイルとは、植物などからエキスを抽出した香り高いオイルのことです。

アロマオイルのなかでも、純度100%のものはエッセンシャルオイルと呼ばれています。アロマオイルはアロマセラピーやボディマッサージに利用されます。揮発性が高く、成分が濃厚なため、肌につける場合は、ホホバオイルやスイートアーモンドオイルなどで1%以下に希釈します。

医師の指導のもとであれば内服する場合もありますが、用法や容量を誤ると危険なので一般の家庭では避けましょう。

ディフューザーなどの専用器具を使って香りをたてて楽しむほか、何種類かをブレンドして、マッサージ用のオイルを作ることもできます。

より手軽な利用法としては、ハンカチやマスクなどにアロマオイルを1滴垂らして香りをつけるほか、バスタブの湯に数滴垂らして入浴することなどがあります。ベルガモットやレモンなど柑橘系のオイルを肌につけた後、日光に当たると、皮膚に赤みやかゆみが出ることがあります。シミの原因にもなるので注意しましょう。

アロマオイルは家事にも利用できます。ユーカリやティートリーなどのアロマオイルを掃除機のゴミパック部分や雑巾に数滴垂らすと、ゴミと埃の悪臭を消すことができます。また、洗濯ですすぎをする際、アロマオイルを1~2滴入れておくと、生乾きの匂いを抑え、ほのかな香りを楽しめます。

アロマオイルは日光を浴びると変質するため、遮光性のガラス瓶に入っているものを選ぶようにしましょう。1滴ずつ垂らせるように口にドロッパーがついている瓶や密閉できるフタがついていると、より便利です。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.