エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ヒアルロン酸(ひあるろんさん)

ヒアルロン酸とは、アミノ酸の一種のムコ多糖類です。

炭素、水素、酸素、窒素によって構成されています。分子構造はアミノ酸の基本構造と同じで、100万~800万もの大きな分子量という特徴があります。

ヒアルロン酸は1934年に米国のマイヤーとパルマーによって発見されました。皮膚をはじめ、眼球や血管などに多く含まれ、水分を保つ働きをしています。皮膚の中では、表皮のすぐ下にある真皮に特に多く見られます。保水力が高く、わずか1gで6リットル分の水を保つことができます。

ヒアルロン酸は40代後半以降、生成量が減少することが分かっています。ヒアルロン酸が少なくなると、真皮層に水分を十分蓄えることができなくなり、肌が乾燥するほか、シワやたるみの原因にもなります。

ヒアルロン酸は人間だけでなく全ての脊椎動物に存在し、鶏のトサカや皮などに豊富に含まれていますが、加熱すると効果が失われることから、食べ物や食材で摂取するのは難しいようです。

ヒアルロン酸は分子量が大きいため、肌につけるより直接体内に注入する方が高い効果が得られるといわれています。そのため美容外科では、シワやたるみを軽減するために、ヒアルロン酸の注射や注入が行われます。またヒアルロン酸を配合したサプリメントやドリンクも人気です。

最近では、真皮に含まれているヒアルロン酸と同じ構造に加工したものや、低分子化したものを配合した化粧水やクリームも販売されています。これらは通常のヒアルロン酸に比べ、皮膚に浸透しやすくなっています。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.