エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ワセリン(わせりん)

ワセリンとは、石油由来の炭化水素類の混合物を精製したゼリー状の鉱物油のことです。

本来は商品名で、別名ペトロラタムともいいます。一般的には黄色ワセリンと白色ワセリンの2種類がありますが、白色ワセリンのほうが高純度とされていて、市販の商品も白色ワセリンの方が多いようです。

他にサリチル酸ワセリンという薬剤もありますが、これは魚の目やタコなどの除去に用いる処方薬として分類されます。

軟膏の状態での市販はされていないようです。ワセリンは軟膏剤のような薬品の基剤に用いられる以外に潤滑剤や、化粧品のクリームなどの基剤としても使用されています。また直接肌につけることも可能で、外気やほこり、摩擦などの刺激から守ります。

ワセリンは皮膚のかさつきやひびわれを保護する働きが強いのが特徴です。刺激が少なく、安定性にも優れています。そのため唇にも使用することができます。保湿成分は含まれていませんが、皮膚の荒れてひび割れた部分から水分が蒸発するのを防ぐ働きをします。

水分が失われると皮膚のバリア効果が失われ、細菌やウイルスに感染しやすくなりますから、ワセリンを塗ることで回復力と自然治癒力を高めることができるのです。そのため一時的にひどい肌荒れを起こし、保湿クリームをつけても痛みが生じる場合に使用すると良いといわれています。

ワセリンは石油由来の油分ですから、日光の当たらないところで保存します。また外出の前に使うのは避け、できるだけ就寝前に使用するようにしましょう。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.