エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

真皮(しんぴ)

真皮とは、皮膚の表皮の下に存在する厚さ約2mmの層です。

スポンジのような構造で、肌のはりや弾力を作り出す物質が多く含まれています。真皮のうち70%は膠原線維であるコラーゲン、5%は同じく弾力線維のエラスチンが占めています。

これらの線維の他に、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作り出す線維芽細胞、皮脂を分泌する皮脂腺、汗を作る汗腺は真皮の中にあります。

真皮の大半を占めるコラーゲンは、真皮のなかで網の目をめぐらせて、肌の弾力を作ります。繊維芽細胞から作り出され、老化すると酵素などによって分解されます。エラスチンはコラーゲンが網の目のように交差している部分に絡みついて支えています。

ヒアルロン酸はムコ多糖類というゼリー状の多糖類で、コラーゲンとエラスチンの間を埋め、これらとともに肌の弾力を作り出します。また水分を保持する力が強く、肌のみずみずしさを保つ働きをしています。

真皮内にはリンパ管や毛細血管も存在し、表皮に栄養や酸素を送り、老廃物を排出させます。真皮は肌の新陳代謝を助ける働きもしているのです。

真皮を形成している成分に異常や量的な変化が起こった場合、シワやたるみなどを作り出し、肌の老化を加速させることになります。真皮が生まれ変わる周期は5~6年と長く、一度サイクルが崩れると回復させることが難しいものです。

真皮の健康を保つためには、血液やリンパの流れを滞らせないように注意し、プラセンタなど線維芽細胞を活発化させる成分を補うのが有効と言われています。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.