エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ケラチン(けらちん)

ケラチンとは、20種類のアミノ酸が結合した硫黄を含むたんぱく質の総称です。

特にシスチンと呼ばれるアミノ酸が多く含まれています。皮膚の角質層を始め、毛髪などに多く含まれています。動物の角や魚類のうろこもケラチンで作られています。

ケラチンには、紫外線などの外的な刺激から身体を守る効果やバリアの効果があります。

ケラチンは大きく分けて2種類があり、毛髪や爪などは硬ケラチン、皮膚は軟ケラチンといいます。角質層を形成する軟ケラチンは、水分をたっぷり含んだ繊維状の細長いたんぱく質で、弾力性に富んでいます。新陳代謝が活発で健康な肌の場合、約14日で古いケラチンは剥がれ落ちます。

皮膚や頭髪に含まれたケラチンの健康を守るためには、食品やヘアケア剤でアミノ酸を補うといいといわれています。またケラチンそのものが配合されている化粧品やヘアケア剤もあります。

これらの多くは、ケラチンの結合を切断して、酵素や酸、アルカリなどを加えて加水分解した加水分解ケラチンが使用されています。加水分解ケラチンには水溶液と粉末があり、水溶液は淡い黄褐色で透明で、どちらもかすかに独特な臭いを発します。ケラチンでできている皮膚や毛髪となじみやすいのが特徴です。

化粧品に配合される際には、皮膜剤や界面活性剤として用いられることもあります。頭髪が濡れている時はまとまるのに、乾燥すると広がってしまうようなクセ毛は、ケラチンの配列が不順であると考えられています。

この場合は、浸透性の高いケラチンが配合されたヘアケア剤をおぎなうことで髪を落ち着かせることができます。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.