エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

白斑(はくはん)

白斑とは、皮膚の一部の色素が完全に抜けている状態のことです。

正常な皮膚との境界は明瞭で、木の葉や円の形、地図のような形などさまざまな形状をしています。毛髪のある部分に白斑がある場合、白髪が生えるケースが多く見られます。

白斑は、全身にあり対称性に見られる汎発型(はんはつがた)と、単発または数個の白斑が限られた部分に見られる限局型、皮膚の神経に沿っている分節型の3種類があります。

汎発型は年齢を問わず発症し、悪化と新生を繰り返して広がっていきます。分節型は多くの場合、小児や若年層が発症して、そのうち20~30%は自然に症状が軽くなります。

白斑はメラニンをつくる色素細胞のメラノサイトが消失、またはメラニンが生成停止することによって発生します。その原因には不明な部分もありますが、体内にあるメラノサイトに対する抗体が自身のメラノサイトを破壊するという自己免疫説と、皮膚の末梢神経に異常が生じたとする神経説の2種が有力です。

白斑は感染症ではなく、患者が体調を崩すこともありません。しかし皮膚病のうち、最も治りにくいものの一つです。特に罹病してから長い場合や、発症部位が手などの末端部の場合は難治といわれています。

白斑は原因が完全に解明されていないため、根本的治療法は確立されておらず、対症療法が中心です。副腎皮質ホルモンの塗布や服用、蛍光ランプを使って紫外線を照射する紫外線治療、皮膚移植などが主流ですが、。最近では、活性型ビタミンD3の塗り薬と紫外線治療の併用が有効との報告もあります。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.