エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

SPF値(えすぴーえふち)

SPF値とは、日焼け止め剤などが紫外線B波を防止する力を表す指数です。

SPFは、Sun Protection Factorを略したもので、日やけ止めをつけない場合に比べ、日やけするまでの時間を10倍に遅らせることができるならSPF10、20倍ならSPF20というように表示されます。化粧品の紫外線防止効果を知る際に役立てることができます。

もちろんSPF値が大きいほうが紫外線防止効果は高くなり、 正しく使用した場合はSPF50で完全にシャットアウトすることができるといわれています。そのため日本化粧品工業連合会はSPF50を数値の上限に定めています。実際のSPF値が50以上だったとしても表示上はSPF50です。

外出先や時間にも左右されますが、日常生活で使用する上ではSPF値は10~20あれば十分です。

アウトドアでのレジャーや外出時間が長い場合は、できるだけSPF値を上げる方がいいでしょう。理論的にはSPF値の高い日焼け止めをつけていると日焼けはしないはずですが、汗や水で落ちることがあり、また手やタオルで擦っても取れてしまうので、何度か塗り直します。

紫外線防止効果を表す表示にはSPF以外にPAという記号があります。これは紫外線のうちA波を防ぐ力を表します。A波は肌を黒くするだけでなく、皮膚内の弾力繊維などを破壊し、シワやたるみを作ります。PAは+(プラス)++(ダブルプラス)+++(トリプルプラス)で表され、+が多いものの方が効果が高くなります。日常的に使う日焼け止めであれば、PA ++もあればよいでしょう。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.