エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

紫外線(しがいせん)

紫外線とは、太陽の光に含まれる見えない光線のことです。

太陽光には目に見える可視光線と熱を与える赤外線、目に見えず熱さもない紫外線で成り立っています。そのうち可視光線が52%を占め、赤外線は42%。紫外線は約5~6%です。7色に分光される可視光線の一番外側にある紫より外側にあって、波長が短いのが紫外線です。

太陽の光は、地球の明るさや暖かさを作り、生物の生体リズムを調整する大事な働きがありますが、紫外線は可視光や赤外線に比べてエネルギーが大きいため、細胞のDNAを破壊するなど物質に化学変化を起こしやすいという特徴をもっています。

紫外線のなかでも波長の長いものはA波、波長が短いものはB波と呼ばれています。もう一つC波もありますが、オゾン層に吸収されます。B波の2~8%は皮膚の下0.1mmまで透過しますが、0.5mmより深部には届きません。

逆にA波は50~60%は皮膚の下0.1mmまで、7%が0.5mmまで、0.5%が1.0mmまでと真皮層まで届くことが分かっています。強力なB波を浴びると人間の皮膚は黒くなり、時には炎症ややけどになることもあります。

A波はエネルギーは弱いものの雲やガラスも通り抜けられます。皮膚に浴び続けると皮膚細胞のDNAが破壊されて、皮膚の内部に水分や油分を蓄える力が衰え、弾力線維などが切れていくことが分かっています。

そして肌にシワやたるみといった老化現象をもたらすのです。

紫外線の量は時間や季節によって変わります。多い時間帯は午前10時から午後2時、時期は5~6月にかけてです。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.