エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

肥満(ひまん)

肥満とは、体重や体脂肪が正常値より過剰な状態のことです。

生活の変化によって、現在、世界的に増えています。肥満は生活習慣病の原因になり、ほとんどの病気で標準体重の人に比べ死亡率が高いことが分かっています。そのためWHO(世界保健機関)でも、肥満への対策を挙げています。

大まかには標準体重よりも20%以上体重が多いと肥満といわれることが多いようですが、成人においては体重に変わる肥満の診断指標にBMI(ボディマス指数)が用いられています。

BMIは体重(kg)を身長(m)の2乗で割ることによって算出されます。日本肥満学会の基準によると、BMI18.5未満を低体重、18.5以上25未満を正常値、25以上30未満を肥満1度、30以上35未満を肥満2度、35以上40未満を肥満3度、40以上は肥満4度としています。

BMI値は肥満の目安にはなりますが、体脂肪率による診断も必要です。体脂肪率は、男性15~19%、女性20~25%が適性といわれ、これより下回ると低脂肪、上回ると肥満とされています。

肥満には単純性肥満、病的肥満、症候性肥満の3種類があります。

単純性肥満はカロリーの過剰な摂取や、消費の不足によって起こるもので、子供の場合は両親のどちらかか両方が肥満であることが多いようです。

病的肥満は、呼吸や歩行にも困難な状態の肥満で、治療が必要です。

症候性肥満は代謝の異常や内分泌系の病気によって身体の一部が肥満することをいいます。

薬物性肥満は症候性肥満の1種で、副腎皮質ステロイド薬などの副作用によってもたらされます。

女性の場合は、腰回りなどに脂肪がつく皮下脂肪型肥満が多く見られます。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.