エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

体脂肪率(たいしぼうりつ)

体脂肪率とは、体重内で脂肪の重量が占める割合のことです。

体重が減っても体脂肪率が上昇することがあり、結果的には肥満が進んでしまう場合があります。体脂肪率は肥満の判定に用いられていますが、低いほど良いわけではありません。

体脂肪率が男性で5%未満、女性で15%未満になると、病気や感染症になりやすくなるといわれています。さらに体温を保持できなくなり、筋肉を分解することでエネルギーを作り出すために筋力が衰えるといった障害も起こります。

女性の場合はホルモンのバランスが崩れ、生理不順や早発性閉経を招くケースもあります。

健康上、適正といわれる体脂肪率は、性別と年齢によって異なります。男性の場合は30歳未満の適正値は14~20%、肥満は25%以上です。30歳を超えると、適正値は17~23%、肥満は25%以上になります。

女性では、30歳未満の適正値は17~24%、肥満は30%以上です。30歳以上の適正値は20~27%、肥満は30%以上です。これらの基準は東京慈恵会医科大学で使用されている数値で、現在のところ、世界共通の基準は決められていません。

体脂肪率はさまざま手法で測定することができます。市販の体脂肪計は、身体に微弱電流を流すことで推定します。手順が簡単なため、最も普及していますが、機種や時間によって数値が異なるため、正確な値を出すのは難しいともいわれています。

他にも、水中や真空状態で体重を量り、大気中で測定した時との差から身体密度を計測する水中体重秤量法と空気置換法、異なった波長を持つ2種のX線を照射して透過率の差から身体の組成を計る二重エネルギーX線吸収法などがあります。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.