エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)

多嚢胞性卵巣症候群とは、女性の7~10%に見られる卵巣の表面に嚢胞(のうほう)が多数できる病気のことです。

直径5~10㎜の嚢胞が連なってネックレスのように見えるため、ネックレスサインとも呼ばれています。

多嚢胞性卵巣は思春期に発症することが多く、若い女性に多く見られます。症状としては基礎体温が乱れる、無排卵月経、月経不順などが挙げられます。さらに症状が進み、嚢胞によって卵巣の皮膜が硬化し、卵巣の中で卵胞(らんほう)が排卵しにくくなる排卵障害の症状が出てくると、妊娠しにくくなることが分かっています。

また体内の男性ホルモンの濃度が高くなって、筋肉が増え声が低くなるといった、いわゆる男性化の症状も見られることがあります。そのため、検査の際には血液検査で黄体形成ホルモンと男性ホルモンの濃度を測定します。

この病気は超音波検査を行うと通常より多数の卵胞が見られるため、腹腔鏡下手術によって卵巣の一部を採取し、顕微鏡で調べる場合もあります。

多嚢胞性卵巣症候群の原因ははっきりしていませんが、黄体形成ホルモンの過剰分泌などホルモンバランスの乱れや、卵巣の代謝不良などが考えられています。過度に肥満した女性は発症しやすいともいわれていますが、逆に多膿疱性卵巣症候群の発症によって肥満化が進む場合も見られます。

いずれにしろ肥満によって悪化することは明らかになっています。

根本的な治療方法は今の時点ではありませんが、妊娠を希望するかしないかによって違う方法がとられています。多嚢胞性卵巣症候群による不妊には薬剤を投与して排卵を誘発することが第一といわれています。肥満を伴う場合は運動や食事による減量が必要です。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.