エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

過食症(かしょくしょう)

過食症とは、過剰な量の食事を摂取する摂食障害の一種です。

摂食障害とは人間関係による心理的なストレスや社会への不適応、コミュニケーション不全など精神的な原因によってもたらされる依存症です。主なものに食事の量をコントロールできない拒食症と過食症が挙げられます。拒食症だった患者が過食症になる、またその逆のケースもよく見られます。

過食症は1979年、ジェラルド・ラッセル教授が提唱し、1980年の米国精神医学会で摂食障害に認められました。食物を大量に口に入れても飲み込まずに吐き捨てる行動を繰り返すのは、過食症の症状の現れです。

また下剤や利尿剤などの薬物を飲む、過度の運動を行う、絶食するといった代償行為も見られます。これらの症状が3ヵ月以上にわたって見られる際には過食症と診断されます。

過食症は排出型と非排出型に分けられ、排出型のなかに含まれる自己誘発性嘔吐は拒食症患者にも見られます。患者のなかには大食してしまった自己嫌悪から自殺を図る人もいますが、その確率は拒食症に比べて高いといわれています。なかには代償行為を伴わない「むちゃ食い障害」もあります。

過食症患者の場合、代償行為を伴う場合もあるため、必ず肥満状態にあるとはいえません。その症状の根底には無理な減量志向がある場合が多いといわれています。

過食症によって嘔吐を繰り返すことによって感染症や栄養失調、骨粗しょう症など深刻な健康障害が起きる場合もあります。過食症が疑われたときは、精神科や心療内科にいって速やかに診断と治療を行うことが大切です。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.