エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

白色脂肪細胞(はくしょくしぼうさいぼう)

白色脂肪細胞とは、脂肪を作る脂肪細胞の一種です。

脂肪細胞には白色と褐色の2種類がありますが、一般的に脂肪細胞といわれるのは白色脂肪細胞です。別名を単胞性脂肪細胞といい、細胞の内部に脂肪を蓄える油滴が1個あります。

人体には約60兆個の細胞があるといわれていますが、白色脂肪細胞はこのうち約300億個を占めています。他の細胞と違い、ほとんどが死滅しません。一度増えた細胞は一生残ります。

白色脂肪細胞は胎児期から生後1年間と思春期にその数を大幅に増やしますが、この時期以外であっても、過食が続くと増えていきます。さらに細胞そのものも大きくなることが分かっています。

白色脂肪細胞は直径10~20μm程度ですが、脂肪を溜め込むことで約20倍の大きさになります。これを容積に直すと約400倍にあたります。

白色脂肪細胞はエネルギーを吸収する際に余った分を中性脂肪として身体にためこむ働きをしています。そして運動の際には、ため込んだ脂肪を全身に供給します。そのため運動せずにいると、白色脂肪細胞が中性脂肪をためこんで肥満状態をもたらすのです。

白色脂肪細胞は全身の皮下と内臓に見られますが、特に下腹部、お尻、太もも、上腕と内臓の周囲につきやすいといわれています。

そのため体重が多くなくてもウエストやヒップ、太ももが太くなる場合があります。また内臓の周りに白色脂肪細胞がつくと、生活習慣病を発病しやすく健康に悪影響を与えることが分かっています。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.