エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

洋ナシ型肥満(ようなしがたひまん)

洋ナシ型肥満とは、下半身を中心に脂肪がついている肥満の状態をいいます。

正式には「皮下脂肪型肥満」といいます。BMI25以上で、男性の場合ウエスト85cm未満、女性は90cm未満であると、皮下脂肪型肥満の可能性があります。皮下脂肪はお腹をつまんだ際の皮膚の厚さで計測することができます。

洋ナシ型肥満は下腹部や腰の周囲、太もも、尻などの皮膚の下に脂肪が蓄積されています。男性よりも女性に多いタイプの肥満です。下半身についた脂肪は、長い年月をかけて少しずつたまっていったものですから、減らすことは困難です。

しかし脂肪が分解されても肝臓に取り込まれることはなく、体内を循環するため、生活習慣病などの合併症を併発する可能性は低いといわれています。

そのため洋ナシ型肥満は良性肥満とされています。ただし肥満が過ぎると心臓や膝にはリスクを与えるため、食生活を改善し、ウォーキングや水泳などの有酸素運動を適度に行って減量を心がける方がよいでしょう。

洋ナシ型肥満の人は、脂肪の代謝が衰えているといわれています。脂肪分の多い霜降りの肉や生クリームなどを食べると、皮下脂肪がつきやすいので、なるべく避けましょう。調理の方法も揚げ物は控え、蒸し物や煮物中心にし、油をできるだけ使わないようにします。

下半身の皮下脂肪が厚くなると、股関節周辺の血流が滞る可能性もあります。下半身を中心にしたストレッチ運動を行うと、血流がよくなって部分的に引き締めることができるといわれています。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.