エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

体重過多(たいじゅうかた)

体重過多とは、標準とされる体重より多い状態のことです。

標準的な体重とは、統計的に健康的な生活を送るために必要かつ理想的とされる体重のことをいいます。これらは年齢や身長、体脂肪率などの要素から求められます。

標準体重を算出するには、さまざまな指標がありますが、成人にはBMI値が、学童期の児童はローレル指数が用いられることが多いようです。

日本ではより簡単に、大まかな数値を出したい場合は(身長-100)×0.9のブローカ式桂変法の計算式を用いるほか、男性または身長の高い女性の場合は身長から110を引き、女性の場合は105引いた数値を標準体重の目安に用いられています。

BMI値から標準体重を求める場合は、22x身長(m)x身長(m)で算出します。ローレル指数で算出される標準体重は、 身長(m)の3乗に13をかけます。

体重(kg) を身長(cm)の3乗 で割り、10の7乗をかけた数字が体型の目安にされています。この数値が130であると標準的な体型で、プラスマイナス15程度は許容の範囲とされています。

そしてプラス30以上は太りすぎ、マイナス30以上は痩せすぎと判断されています。すなわちローレル指数において肥満と判定される基準は160以上です。ただしローレル指数は児童の身長に左右されます。

体重が標準体重と肥満の中間にある場合は、過体重といわれます。いわゆる小太りに近いもので、体脂肪は多くないけれども身長に対して体重が多い状態です。スポーツ選手のように筋肉が多い場合なら問題ありませんが、過体重で脂肪の割合も多いのであれば、実質、肥満状態と考えられます。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.