エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

炎症ニキビ(えんしょうにきび)

炎症ニキビとは、症状が悪化して腫れや痛みを伴うようになったニキビのことです。

ニキビが炎症を起こすのは、毛穴に溜まった皮脂が増加して、アクネ菌が増殖することによって、皮膚の免疫機能が発揮されるためといわれています。

アクネ菌は、増殖の過程で活性酸素を発生させます。活性酸素の殺菌作用は非常に強いため、必要以上に増えると細胞を傷つけていきます。

活性酸素が皮膚細胞を傷つけると、体内の免疫機能が働いて、白血球などの免疫細胞が活性酸素と戦うようになります。活性酸素と戦い、死んでしまった免疫細胞は膿(うみ)となって、毛穴に溜まっていきます。これが炎症ニキビの正体です。

ニキビが炎症を繰り返すと、アトピーなどのアレルギーと同様に、過剰な免疫反応が習慣化される場合があります。たとえばアクネ菌が多量に増殖していない場合にも、過剰な反応をし、その結果、炎症が進んでニキビが促進されていくことがあります。

炎症が皮膚の表面で留まっていれば、ターンオーバーによって新しい肌を再生することができますが、皮膚細胞を作り出す基底層にまで影響が及ぶと、新たな皮膚細胞を作り出せなくなります。

そうすると傷ついた細胞を補完することができず、肌の表面はクレーター状になり、色素が沈着する、いわゆる「ニキビ痕」が残ります。

炎症ニキビを予防するには、過敏になった免疫機能を正常化し、活性酸素の発生を抑えることが必要です。皮膚科で抗生物質を処方してもらう他、ビタミンCなど強い抗酸化作用のあるサプリメントをとることによって、免疫力を整えます。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.