エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

クマ(くま)

クマとは、くすみの一種で目の周辺によく見られるものです。

目の周りには多数の毛細血管があり、血液によって目に栄養や酸素を送り込んでいます。

しかし、血行が悪くなると、目の周りの皮膚から毛細血管が透けて見えます。睡眠不足や目の疲れ、ストレスによって血行が悪くなると、血液中にあって、本来は鮮やかな赤色をしているはずのヘモグロビンが減少し、青いクマができます。特に目の周囲の皮膚は0.1mm程度で、とても薄いため、他の部分より目立つのです。

血液やリンパの流れを促すには、マッサージがお勧めです。また熱い蒸しタオルと冷やしたタオルを交互に当てることでも血行が促されます。貧血も血行を悪くして青いクマを作る場合があるので、ミネラル分やヘモグロビンを作る働きがあるビタミンB6を含む食品やサプリメントを取り入れるといいでしょう。

目の下にできる黒い影のようなクマは、皮膚のたるみが原因です。加齢によってコラーゲン繊維が劣えると、特に目立つようになります。

また目や表情を動かさないと、目の下の脂肪を支える筋肉が衰えることもあります。クマと同時に小じわやたるみなども目立つようであれば、目もと専用のアンチエイジング化粧品でケアをしましょう。

茶色っぽいクマは、新陳代謝が乱れてメラニン色素が沈着したのが原因です。また血行不良によってできた青いクマをケアせず放置しておくと、茶色に変色してしまうこともあります。

目の下から頬は、紫外線を浴びやすい部位ですから、外出時には必ず日焼け止めをつけ、メラニンの生成を抑えるビタミンCをとるようにしましょう。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.