エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

乾燥肌(かんそうはだ)

乾燥肌とは、外的または内的要因によって水分が不足した状態にある肌のことです。

皮膚の内部では皮脂膜と呼ばれる皮脂と汗の水分が混ざった天然の保湿成分が作られ、肌の表面を覆っています。

この保湿成分が失われると、皮膚内の水分と油分のバランスが崩れ、肌の表面から水分がどんどん蒸発していきます。その結果、乾燥が進んでいきます。

皮脂膜は肌を雑菌や刺激などから守るという大切な役割もしています。そのため乾燥が進むと肌がひび割れ、外的刺激に対して敏感になり、痛みやかゆみをもたらす場合もあります。

乾燥肌は、生来の皮脂不足や誤ったスキンケアで皮脂を取りすぎたこと以外に、加齢や紫外線が原因で起こります。

体内で生成される水分保持力の強いヒアルロン酸やコラーゲンなどの繊維は年齢とともに減少していきます。また女性ホルモンの減少もコラーゲンの生成量を減らします。

紫外線を大量に浴びた肌はターンオーバーが早まりますが、そうして生まれた肌は水分と脂質のバランスが取れておらず、皮脂膜も少なめです。また紫外線がコラーゲン繊維を破壊すると、肌の弾力が失われ、保湿力も弱まります。

肌の乾燥を和らげるには、皮脂をとりすぎない洗顔料を使い、洗顔後は化粧水で水分を補うことが第1です。水分不足の肌に油分を与えても、皮脂膜は回復しないので注意しましょう。

外気が乾燥すると肌の水分も奪われますから、エアコンの中にいるときは、メイクの上からでも化粧水をスプレーするなど保湿を心掛けましょう。食生活の面では、ビタミンCやヒアルロン酸、コラーゲンなどを積極的にとるといいでしょう。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.