エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

肝斑(かんぱん)

肝斑とは、シミの一種で、頬や額にかけて左右対称に広がっています。

色が淡い茶色で、肝臓に似ていることから、その名がつきました。まぶたにはできないため、下まぶただけが白く映り、眼鏡をかけているように見えます。また左右対称に現れないケースもあります。

肝斑は、20代後半から40代の女性に多くみられます。

原因はさまざまですが、根本的な原因が解明されていないため、完治が難しいといわれています。紫外線の影響はもちろんのこと、女性ホルモンとの関係も大きいため、「ホルモンじみ」といわれます。

妊娠や経口避妊薬の服用によって肝斑ができる場合もあります。他にも皮膚を刺激を与えすぎたことでバリア機能が低下し発生する場合や、睡眠不足、ストレスなど複雑な原因が上げられます。また体調や生理周期によって、色の濃淡が変わることも多く見られます。

肝斑は、アザの一種である後天性真皮メラノサイトーシスや、皮膚炎による色素沈着症に似ているため、それらと間違えられることもあります。それぞれ治療の方法が異なりますから、自己診断はせず、皮膚科で診察を受けることが大切です。

皮膚科での肝斑の治療は、内服薬や外用薬が用いられます。よく処方されるのが色素の沈着を抑える働きのあるトラネキサム酸です。服用後、4~5週間で効果が出てきます。

外用薬にはメラニンの生成を抑える働きのあるアルブチンや甘草エキス、コウジ酸が配合されています。

他に、美容外科ではケミカルピーリングやビタミンC誘導体のイオン導入などの治療も用いられています。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.