エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

小じわ(こじわ)

小じわとは、乾燥が原因で表皮部分にできる細かいしわのことをいいます。

別名「ちりめんじわ」ともいわれます。目元や口元など、表情を動かす筋肉が集まっていて、常に動いているような部分に小じわはできやすくなっています。

表情が豊かであったり目を大きく開けるクセがある人の場合は、より目立ちやすくなります。また目もとや口元などは皮膚の層がもともと薄いため乾燥や老化などの影響を受けやすく、他の部位に比べ、小じわができやすくなっています。

小じわの一番の原因は皮膚内の水分不足です。たとえ若くても、水分量が不足していたり、角質層の状態が不安定であると小じわができやすくなります。

また日焼けや不規則な生活、栄養不足なども皮膚組織の破壊につながるため、小じわの要因になります。

30代を過ぎると、肌の弾力のもとである真皮内のエラスチン繊維やコラーゲンの働きが衰え、肌のはりや弾力が失われていきます。また皮膚の内部に水分を保持する働きのあるセラミドやヒアルロン酸などの成分の分泌量も減少します。

すると小じわだったしわが、より深いしわになっていきます。加齢による深いしわは真皮層に達しているため、改善することが難しくなります。

乾燥が原因の小じわの場合、水分が補給されると一時的にしわが和らぎます。しかし時間がたつと元の状態に戻るようであれば、しわの溝が深くなってきていると考えられます。

表皮にできたしわであれば適切なケアを行うことで軽減が可能ですから、保湿力の高い専用の美容液やクリームを利用して、潤いを取り戻すようにしましょう。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.