エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

色素沈着(しきそちんちゃく)

色素沈着とは、皮膚内のメラニン色素がターンオーバーによって排出されず、顔などの部位または全身に蓄えられて、黒ずんでいるように見えることです。

肌のくすみやシミ・そばかすをもたらすこともあります。色素沈着が起きやすい部位は、顔などの常に外気にさらされている部分の他、シワとシワの間、衣服が常に当たっている場所などです。腋の下や肘、乳首や乳輪、尻などにもよく見られます。

色素沈着の主な原因は紫外線の影響と摩擦による刺激です。皮膚を摩擦することによってできる色素沈着は摩擦メラノーシスともいいます。特にナイロン製のタオルなどで毎日強く皮膚をこすると色素沈着を起こすことがあります。

また加齢による皮膚の新陳代謝の衰えや、ホルモンバランスの乱れ、肝機能の低下などによって、体内の老廃物が皮膚に沈着し黒ずんで見えるケースもあります。

その他、ニキビ痕にも色素が沈着することもありますし、アトピー性皮膚炎の炎症による色素沈着も見られます。唇の色素沈着は、口紅の拭き取りが十分でないため、色素が蓄積していった結果起きるといわれています。

色素沈着が目立つ場合は、皮膚科でハイドロキノンやアルブチンなどの漂白効果のある薬品を用いて治療します。これらの成分が配合されているホワイトニングケア用の化粧品も販売されています。

生活面では規則正しい生活を送り、正しいスキンケアを行うことで肌の新陳代謝を高めることが大切です。アトピー性皮膚炎による色素沈着はフラッシュ光線を使った治療が用いられることもあります。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.