エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

赤ら顔(あからがお)

赤ら顔とは、顔の皮膚の赤みが強く、常に紅潮しているように見えることです。

皮膚が薄い人や、血流が悪い人には特に目立ちます。赤ら顔の第一の原因は、うっ血です。緊張や温度変化により拡張した毛細血管に大量に血液が流れると、皮膚の表面から赤く透けて見えることがあります。

また皮脂の分泌量が過剰になると皮膚が赤くなって、かゆみをもたらす脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)も原因に挙げられます。

幼児期に発症した場合は、年齢を重ねることで症状が治まることが多いようですが、成人後に発症した場合は完治まで時間がかかります。

他にニキビの炎症や誤ったスキンケア方法も赤ら顔を悪化させます。強すぎるピーリング剤を使用したり洗顔時に顔を強くこすると皮膚の表面にある角質が無理やり剥がされて、より毛細血管が透けやすくなるためです。また皮膚を傷つけると、肌のバリア機能を低下させるため、一層治りにくくなります。

加齢も赤ら顔の原因の1つです。 加齢によって新陳代謝は衰えると肌トラブルを起こしやすくなるためです。女性の場合、更年期障害による「のぼせ」または「ほてり」も一時的に赤ら顔の原因になります。この場合は手足を温め、冷えを防ぐことで、症状が和らいでいきます。

赤ら顔のスキンケアは低刺激の化粧品で水分と油分のバランスを整えることが一番です。またアルコールの過剰な摂取や香辛料などの刺激物を取りすぎないようにします。

美容外科での医療レーザーやフラッシュ光線による治療も有効です。脂漏性皮膚炎が疑われる場合は自己診断をせず、皮膚科で治療を受けましょう。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.