エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

敏感肌(びんかんはだ)

敏感肌とは、温度差やちょっとした刺激でトラブルを起こしやすい肌のことです。

皮膚内に水分を保つ能力が低く、皮膚表面の皮脂膜が不足しているため、外部からの刺激に弱くなっています。

敏感肌では、角質層の皮膚細胞と細胞の間に存在しているセラミドという脂質が不足しがちです。セラミドは本来であれば角質層にある全脂質の40~60%を占めていて、角質層内に水分を溜め込む重要な役割をする成分ですが、不足すると肌のバリア機能を低下させるため、炎症を起こしやすくなるのです。

敏感肌の原因は遺伝的な体質によるものが多いようです。アトピーなどのアレルギー体質の場合、雑菌や化学物質など刺激を起こす物質が角質層内に侵入すると、免疫機能が過剰に働いて、皮膚が炎症を起こします。

またストレス、ホルモンバランスの崩れ、栄養不足なども敏感肌の原因になります。外的な要因としては、肌質に合わない化粧品を使い続けたことや、季節の変わり目に温度の変化に肌がついていけず、一時的にターンオーバーが乱れていることがあります。肌が極度に乾燥すると、バリア機能が衰えて敏感な状態になりますが、こうした肌は乾燥性敏感肌と呼ばれます。

敏感肌の場合は、刺激になりやすい化学成分が含まれた化粧品の使用を避け、保湿を第1に心がけます。

肌に痛みやかゆみがある場合は絶対に手でこすらないようにし、赤く腫れているようなら皮膚科で外用薬や治療用のクリームを処方してもらうといいでしょう。

美容外科ではプラセンタを注射することで、細胞の生まれ変わりを活発化し、敏感肌を治療する施術も行われています。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.