エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

埋没毛(まいぼつもう)

埋没毛とは、脱毛や除毛処理後に皮膚内で発毛し、成長して体外に出た体毛のことです。「埋もれ毛」あるいは「埋まり毛」とも呼ばれています。

埋没毛は、毛抜きやカミソリでムダ毛を処理すると、特に発生しやすいといわれています。

処理の際に皮膚が傷ついて、かさぶたが形成されると、毛穴が塞がれてしまい、毛が表面に現れなくなります。すると皮膚内で埋もれた毛が切れ、先端が尖り、毛穴以外の皮膚を貫通していきます。

埋没毛は脇の下やビキニラインなど、皮膚の弾力が少なくて、同じ方向に毛が生えていない部位に発生しやすいといわれています。

埋没毛が増加すると、鳥肌のような肌荒れや色素沈着が起こることがありますが、多くの場合は、そのまま放置しておくと、自然に分解されていきます。しかしまれに炎症を起こして毛嚢炎(もうのうえん)を発症する場合もあります。

埋没毛を自己処理する際は、抜きたい部分を消毒してから皮膚を切開し、ピンセットや毛抜きなどを用いて毛穴から取り出す方法があります。皮膚の浅い層に発生した埋没毛はナイロンタオルなどでこすり取る方法もあります。

しかし、いずれも肌を傷める可能性がありますし、引き抜くことで前より強い癒着を起こす可能性もあるといわれています。

埋没毛の治療と予防は、ムダ毛を自己処理しないことが一番です。時間はかかるものの、自己処理をやめることで目立たなくさせることができます。

早急に改善したい場合には、医療レーザーを用いて埋没毛を取り除く治療が有効です。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.