エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

フケ(ふけ)

フケとは、頭皮から出る白いうろこのような老廃物のことです。

人間の皮膚は弱酸性ですが、シャンプーに含まれている界面活性剤の多くは塩基性物質です。そのため頭皮につけると中和されて、皮膚が本来持っている殺菌力が衰えていきます。

すると真菌(しんきん)やカビが繁殖し、フケを作ります。また頭皮に合わないシャンプーを使用するとフケが出ることがあります。

フケは脂性のフケと乾性のフケの2種類に分けられます。脂性のフケは、頭皮の皮脂の分泌が多いことが原因です。頭皮に炎症を起こす場合もあります。脂症のフケができる原因は、洗髪が不足している、睡眠が不足している、食事やホルモンのバランスが崩れている、ストレスなどです。

乾性のフケは、頭皮に皮脂が不足して、地肌が乾燥したことによってダメージを受けたことが原因です。アトピー性皮膚炎の人のフケも乾性に分類されます。

フケの予防としては、フケや頭皮のかゆみをもたらすマラセチア菌と呼ばれる真菌の発生を抑える成分が配合されたシャンプーを使用することがあります。できれば皮膚の免疫作用を高めるために、界面活性剤が配合されていないものを選びましょう。

脂性フケの場合、毎日洗髪をして頭皮を清潔にするのが望ましいのですが、皮脂を落としすぎるシャンプーを使用すると、逆に皮脂分泌を促して、フケが増えてしまう場合もあるので注意が必要です。

乾性フケの場合は保湿が重要なケアになります。洗髪後、髪の毛が乾かないうちに刺激が少ない保湿剤を頭皮につけます。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.