エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

小顔(こがお)

小顔とは、顔の幅が狭く、たるみやむくみなどが見られないことです。

顔は衣類で隠すことができないため、大きさがそのまま出てしまいます。また体重の増減が現れやすい部分でもあります。顔が小さいと、たとえ身長が低くても全体のバランスが良く映るため、小顔を目指す人は多いようです。

小顔を妨げる原因はさまざまです。腰や背骨が歪んでいたり、悪い姿勢をとっていると、顔の骨格が歪んで、肥大しているように見えます。

目と眉と口角の高さや法令線(ほうれいせん)の長さが左右で対称になっているかチェックしたうえ、歪みが見られるようであれば、歯科医や整体師に相談するといいでしょう。

全身の肥満によって顔が肥大化した場合は、適正体重に近づけるダイエットを行い、血流を促し、脂肪を分解する食品を摂るようにしましょう。生姜やニンニク、香辛料などがおすすめです。

顔のむくみは、血液やリンパ液の巡りが悪化して、水分の排出がスムーズにいかなくなった時に見られます。利尿作用を高めるカリウムや食物繊維を多く含んだ食品や腎臓の働きを高める食品を摂るほか、フェイスマッサージを習慣的に行うといいでしょう。

歯ぎしりがくせになっていると顔の筋肉が固まって、輪郭が大きくなる場合があります。表情筋トレーニングとフェイスマッサージで筋肉をほぐすようにしましょう。美顔ローラー器などを利用するのも効果的です。

ヘアスタイルで小顔に見せることは可能です。一般的には前髪を下ろす方が顔は小さく見えますが、美容師と相談して、それぞれの輪郭に合ったスタイルをオーダーするといいでしょう。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.