エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

抗酸化物質(こうさんかぶっしつ)

抗酸化物質とは、酸化を防ぐ働きをする栄養素のことです。

人間は酸素を取り入れてエネルギーを生成しますが、その過程で一部の酸素が活性酸素を発生させます。活性酸素は本来、体内に侵入した細菌を排除する働きをするものですが、紫外線の影響やストレスなどによって過剰に発生することがあります。

体内に活性酸素が過剰に発生すると身体の細胞やDNAを酸化させていき、生活習慣病や老化を促進します。

しかしビタミンCやベータカロチン、ポリフェノールなどに代表される抗酸化物質を補給することによって、余分な活性酸素を除去することができるとされています。

人間の体内にも抗酸化物質が存在していますが、加齢によってその量や能力が減少していきます。そこで抗酸化作用のある食物やサプリメントを補う必要が生じてきます。

野菜や果物は紫外線や光合成によって生じる活性酸素に対応するため、ファイトケミカル(植物化合物)を生成していることが分かっています。

たとえばメロンやカボチャのオレンジ色の色素はベータカロテン、トマトやスイカの赤色はリコピンといったファイトケミカルによって作られています。また緑茶の葉にはカテキンという抗酸化物質が多く含まれています。

外食が多い人は野菜や果物が不足しがちになりますが、健康やアンチエイジングケアのためには、できるだけ多くとるようにしましょう。コエンザイムQ10やアスタキサンチンも抗酸化物質として有名な成分ですが、食品で補うのは難しいためサプリメントで取り入れるとよいでしょう。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.