エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

老廃物(ろうはいぶつ)

老廃物とは、エネルギー代謝の際に生じて余り、不要になった栄養やエネルギーなど物質のことです。

これらは通常、血液やリンパを通って、腎臓と肝臓で濾過された後、腸内に留まって尿などに形を変えて排出されます。しっしんや咳などによって排出されることもあります。

排泄によって処理できない老廃物は、体内を巡回している血球細胞「マクロファージ」が捕らえて吸収します。またマクロファージから派生した血管内皮細胞や破骨細胞などによって処理されることもあります。

皮膚にでこぼこをもたらすセルライトも、毛細血管についた脂肪細胞に老廃物や水分が付着してできたものです。健康面でも美容面でも、老廃物は体内にとどめないようにしたいものです。

何らかの原因で老廃物が体外に排出されず、体内にたまっていくと、疲れやすくなったり、コリや痛みをもたらす原因となります。

たとえば、全身に老廃物が広く溜まると、疲れやすくなります。老廃物が大量に筋肉などに長くたまると、頭痛や肩こり、腰痛などの症状をもたらします。

老廃物をスムーズに体外に除去するには、血液やリンパの流れを整え、腎臓や肝臓の機能を高め、腸の働きを良くするなどが必要です。運動などで筋肉を使うと、リンパの流れが良くなります。

皮膚の場合、新陳代謝が活発であると新しい皮膚ができると同時に老廃物が排出されますが、加齢と共に老廃物が皮下にたまりやすくなり、吹き出物やシミをもたらすことがあります。パックやスクラブ洗顔を適度に行い、老廃物を皮下にとどめないようにしましょう。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.