エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

炭水化物(たんすいかぶつ)

炭水化物とは、炭素と水素と酸素でできた化合物のことです。

糖類または糖質ともいいます。炭水化物は脂質やたんぱく質と共に三大栄養素の一つです。炭水化物を加水分解して得られたものの最小の単位は単糖類といいます。

炭水化物は身体を構成するとともに身体を動かすエネルギー源として働きます。炭水化物が消化・吸収されて糖類になると、血液と共に全身を循環します。糖類は身体に取り込まれると1gあたり4kcalのエネルギーになります。

脳を動かすエネルギーは血液中の糖質だけなため、糖質が不足すると思考能力が低下し、極端に不足すると意識障害を起こすこともあります。

糖質は脂質やたんぱく質に比べ、すばやくエネルギーとして使うことができる特徴があります。そのため短時間で激しい運動を行う場合は積極的にとる方がいいといわれています。

炭水化物が多い食品には、米、パン、麺類、芋類などがあります。その他アルコール類や根菜類などにも含まれています。

1日の所用カロリーのうち約60%は炭水化物からとるのがベストです。不足すると肝臓の解毒作用が低下し、 肌荒れの原因になります。さらに不足分を補おうとして体内のたんぱく質を分解するため、病気への抵抗力が弱まることがあります。

一方、過剰に摂取すると、インスリンの分泌が低下するため糖尿病の原因になります。また余分に蓄えられた糖質は脂肪になる上、高脂血症や脂肪肝、動脈硬化など生活習慣病の原因になる恐れがあります。過不足ないよう、適度な摂取を心掛けましょう。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.