エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ミネラル(みねらる)

ミネラルとは、地球上に存在する元素の中で、水素、炭素、窒素、酸素を除いたものの総称です。

別名無機質ともいいます。たんぱく質、炭水化物、脂肪、ビタミンと共に5大栄養素の一つです。

代表的なミネラルには、カルシウムや鉄、ナトリウムなどが上げられます。これらは必要量は少ないものの、人間の体内では作ることができないため、食品から摂取する必要があります。

ミネラルには、骨など身体の組織を構成し、身体のコンディションを整える働きがあります。栄養素として欠かすことのできないものです。

現在はナトリウムやマグネシウム、鉄、亜鉛、ヨウ素など16種類が知られていますが、そのうち厚生労働省によって1日の摂取量の基準が設けられているのは、イオウ、塩素、コバルト以外の13種です。

ミネラルは不足しても過剰に摂取しても健康に悪影響を与えます。必要量は種類によって異なるため、それぞれ確認が必要ですが、不足しやすいミネラルにはカルシウムや鉄があります。

カルシウム不足は骨がもろくなる骨粗しょう症をもたらし、鉄の不足は貧血状態を作ります。逆に塩に含まれているナトリウムの過剰摂取は、高血圧や脳卒中など生活習慣病の原因になります。

ミネラルは体内で合成されないため、食物やサプリメントで補いたいものです。身体に吸収されにくいものや他の成分が影響して吸収を妨げる場合もあるので、注意が必要です。また体内に貯蔵できないミネラルも少なくありません。

カルシウムやリンはビタミンDを、鉄はビタミンCを同時に摂ることで、吸収を高めることができます。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.