エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

たんぱく質(たんぱくしつ)

たんぱく質とは、アミノ酸が結合してできた高分子の化合物です。

たんぱく質を構成しているアミノ酸は20種類あり、これらの組み合わせによって10万種類のたんぱく質ができます。

たんぱく質の分子は非常に大きく、そのままでは体内に吸収できないため、酵素がアミノ酸に分解して、腸の粘膜から吸収されるようにしています。その形状によって、球状たんぱく質と、コラーゲンなどの繊維状たんぱく質といった分類をされることもあります。

アミノ酸には体内で合成することのできる11種と合成できない9種があります。合成可能なアミノ酸を「可欠アミノ酸」、合成不可能なアミノ酸を「必須アミノ酸」と言います。必須アミノ酸は、食物やサプリメントで積極的に補う必要があります。

人間の体重の50~60%は水分ですが、残りの30~40%はたんぱく質によって構成されています。たとえば筋肉や皮膚、臓器、毛髪などです。

免疫抗体や遺伝子もタンパク質によって構成されています。また、たんぱく質は1gあたり4kcalのエネルギー源としても利用されています。

たんぱく質は皮膚を構成しているため、アミノ酸が不足すると肌トラブルをもたらします。皮膚内に水分を保つ天然保湿成分や肌にハリを与えるコラーゲンはアミノ酸でできているためです。

ダイエットをする際にも、たんぱく質は不可欠です。筋肉の元となるアミノ酸を補給して有酸素運動を行うと、筋肉組織が増強され、基礎代謝が高まり、脂肪が燃焼しやすい身体を作ることができます。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.