エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ステロイド(すてろいど)

ステロイドとは、ステロイド環という構造を持った物質の総称です。

天然由来のビタミンD類などもステロイドにあたりますが、ホルモンとしての働きをするステロイドホルモンを指す場合が多くなっています。

男性ホルモンとして知られるアンドロゲンや女性ホルモンにあたる黄体ホルモンや卵胞ホルモンなどもステロイドの一種です。

ステロイドのうち、副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンには、抗炎症作用があることが分かっています。そのために副腎皮質ホルモンを化合した医薬品が、花粉症などのアレルギー性疾患を始めとした病気の治療には使用されいます。

これらは体内の免疫器官に直接働きかけるため、短期間で強い効果が得られます。しかし治療目的とはいえ、連続的に投与すると過剰状態になり、肥満や高血圧、骨粗しょう症や生活習慣病などの副作用を起こす可能性があります。

逆にいきなり使用をやめても、病気が急激に悪化する、いわゆるリバウンド現象が起こることが分かっています。

そのため、抗炎症性ステロイドの使用は効果と副作用のバランスが問題になっています。投与する量や方法は専門家と十分に相談し、副作用なく高い効果を得るようにしたいものです。

アナボリック・ステロイドは、男性ホルモン様のステロイドで、筋肉の強化を目的に合成された化合物の総称です。

スポーツ選手やが短期間で筋肉を増やすために使用することが多く、性腺や心血管系への大きな副作用があるため、オリンピックなどのスポーツ大会ではドーピング検査の対象薬物として使用が禁止されています。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.