エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ホルモンバランス(ほるもんばらんす)

ホルモンバランスとは、女性ホルモンの働きを司る視床下部(ししょうかぶ)と下乗体(かすいたい)、卵巣の連携を意味します。

これらの器官が互いに働きかけて、女性ホルモンの分泌を行っていますが、そのバランスが少しでも乱れると、身体や肌のトラブルの原因になります。

ホルモンの多くを制御しているのが脳の中にある視床下部と下垂体です。女性ホルモンの場合は、卵胞ホルモン(らんほうほるもん)と黄体ホルモン(おうたいほるもん)が卵巣で作られ、これらの分泌を視床下部と下垂体がコントロールしています。

そのため何らかの原因で視床下部と下垂体と卵巣の間で情報のやり取りがスムーズにいかなくなると、ホルモンバランスが崩れていきます。ホルモンバランスの仕組みはとても繊細なのです。

ホルモンバランスが乱れる原因の一つに、精神的なストレスが上げられます。視床下部は自律神経をコントロールする器官でもあるため、ストレスの影響を受けやすいのです。

自分でも気づかないうちに影響を受けていて、月経のリズムを狂わせることがあります。また生活習慣の乱れや睡眠不足、過度なダイエットもホルモンバランスを崩しますから注意が必要です。

こうした原因以外にも、思春期と更年期にはホルモンバランスが乱れやすくなります。

思春期は身体がホルモンバランスを整えられないため、月経の周期が乱れやすくなります。

更年期の場合は、卵巣から分泌される女性ホルモンの量が減少するため、視床下部が自律神経をうまくコントロールできず不定愁訴を起こしたり、体調を崩すことがあります。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.