エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

不飽和脂肪酸(ふほうわしぼうさん)

不飽和脂肪酸とは、脂質の一種で、二重結合が見られる種類のことです。

この脂肪酸を多く含んだ油脂は、常温では液体になります。不飽和脂肪酸は一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分類されます。

多価不飽和脂肪酸はさらに、n-3系とn-6系の2種類に分けられます。多値不飽和脂肪酸は体内で作ることができないため、食物で摂取する必要があります。

一価不飽和脂肪酸のなかには、オリーブや菜種の油に多く含まれているオレイン酸があります。血中の悪玉コレステロールを減少させる働きがあります。また酸化しにくく、身体に有害な過酸化脂質が発生しにくい特徴があります。

n-6系系脂肪酸の代表的なものに、リノール酸があります。リノール酸はコーン油や菜種油、ごま油に多く含まれています。悪玉コレステロールと共に善玉コレステロールも減少させる特徴があります。また過剰に摂取すると肥満をもたらし、アレルギー症状を起こすことがあります。

n-3系脂肪酸は青魚に多く含まれているDHAや、しそやえごまに含まれているαリノレン酸が有名です。悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増加させる働きがあります。また脳の神経組織にも多く存在していて、記憶力や発育を司ります。さらにうつ病やアレルギー疾患の対策にも注目されています。

健康や肥満防止のためには、飽和脂肪酸と一価脂肪酸と多価脂肪酸を、それぞれバランス良くとるのが望ましいといわれています。厚生労働省が発表する「第六次改訂日本人の栄養所要量」では、これらのバランスは順に3:4:3がベストとしています。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.