エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

有酸素運動(ゆうさんそうんどう)

有酸素運動とは、呼吸によって常に酸素を筋肉に行き渡らせる運動方法のことです。

具体的なものには、エアロビクスや水泳、ウォーキングなどがあります。短距離走や重量挙げなど瞬発力を必要とする激しい運動は、筋肉から一時的に酸素がなくなるため無酸素運動といわれています。

有酸素運動の特徴は、脂肪を燃焼し、エネルギーに変えることができるところです。

人間が運動をする際、最初の20分は糖分をエネルギーとして使いますが、20分後には脂肪に変更されます。そのため有酸素運動でも20分以上続けないと、脂肪は燃焼されません。心拍数を120~140に保ち、長時間続けるのが最も望ましいとされています。

有酸素運動は脂肪を燃焼するため、ダイエットや生活習慣病の予防に適しています。

有酸素運動では内臓脂肪も簡単に落とすことができます。食前の有酸素運動は、血糖値が下がっている状態で始めるために糖分はすぐに消費されて、すぐに体脂肪が燃やされます。

一方で、空腹時に運動すると低血糖になり、脳や身体に悪影響を与えるという説もあります。血糖値が気になる人や生活習慣病予防が目的の場合は食後、ダイエットであれば食前に行うといいでしょう。

有酸素運動はあまりハードに行うと、早く浅い呼吸になってしまい、脂肪を燃焼するのに必要な酸素が不足してしまいます。この状態になるとエネルギーには糖質の方が多く使われ、脂肪を燃やすことができなくなりますから、呼吸が苦しくならないように注意しましょう。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.