エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加
  • ?エステTOP
  • >
  • Q&A
  • >
  • エステサロン、美容外科、美容皮膚科の違いは何ですか?

エステサロン、美容外科、美容皮膚科の違いは何ですか?

大きな違いは、医療機関であるかないか、ということです。まず、エステサロンですが、こちらは医療機関ではありませんので医療行為は認められていません。美容が目的ですので施術の際に医療機器、医薬品を使用することはできないことになっています。

一方、美容外科、美容皮膚科は医療機関ですので、治療を目的とし、医療機器や医薬品が使用できます。美容外科は美容整形のための手術が主体で、美容皮膚科は美肌治療が主体である、という違いがあります。

目的に応じて使い分ければよいのですが、一番迷ってしまうのが「脱毛」に関してです。エステサロンで使用するのは光脱毛で、照射のレベルは低いのですが、火傷を起こすようなレベルではないため、基本的には安心です。ただし、万が一のときに医療行為は望めません。美容を保ち、リラクゼーションを得る目的で使用するにはエステサロンがよいでしょう。

一方、美容外科・美容皮膚科は医療用レーザー脱毛で施術しますので、照射レベルは高く威力があります。具体的には「アレキサンドライトレーザー」「ダイオレーザー」「ロングパルスレーザー」などがあり、施術の部位や肌質によって使い分ける医療機関もあるので、施術前によく確認しましょう。パワーがあるため効果は高いのですが、エステサロンより高額となり、火傷の危険性が多少伴うこともあります。火傷と聞くと心配になるかもしれませんが、万が一のトラブル時には、医療機関ですので、すぐに治療してもらうことが可能でしょう。

次にケミカルピーリングについて比べてみます。いずれもピーリング剤を使用しますが、エステサロンで使用可能なのは濃度5%までですが、美容整形、美容皮膚科では濃度50%まで使用可能なので、その人に合わせて10%から50%の範囲で調整します。脱毛と同様で、より高い効果を期待したい、肌を治療したい、ということであれば美容整形、美容皮膚科を選択したほうがよいといえるでしょう。

このように、どちらがよいのかは、一概にはいえません。施術方法の違いだけでなく、施術者の技術レベルによっても違います。カウンセリングでよく話を聞き、目的、安全性、費用などの面から自分に合っているのはどちらなのか、トータルで判断するようにするとよいでしょう。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.