エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

エステに保険は効きますか?

エステには健康保険は適用されません。

エステというのは、個人の美容目的のために行われるものですので、自費治療となります。

そもそも健康保険は、病気や怪我による家計の失費に備えて、その治療費の一部を救済する目的でできた制度ですので、適用されるのは病気や怪我の治療が目的の場合のみです。

容姿を美しくするために行われる施術、具体的にはエステ、脱毛、二重まぶたや鼻を高くする等の整形、皮膚のしわ・たるみ取り、豊胸などには適用されません。

一番誤解されやすいケースは、「脱毛」や「しみ取り」に関してです。

サロンで受ける脱毛やしみ取りには保険が適用されなくても、医療機関、つまり美容整形外科、美容皮膚科で受ける医療脱毛、しみ取りには適用されるのではないか、と思われる方が多いのです。

確かに医師の元で医療用レーザーを使用して施術が行われますが、病気の治療が目的ではなく「美容を目的としている」ことには違いがないので、保険は適用されません。

仮に、むだ毛が原因で精神的に悩んでいたとしても、むだ毛そのものは病気とはいえません。健康な身体であれば、毛は自然と生えてくるものなので、正常と判断されます。しみに関しても同様です。

但し、例外はあります。美容整形の範囲とはいえ、行われる施術が疾患によるものと認められる場合、もしくは、健康保険法の許容範囲である場合は、健康保険が適用されることがあります。

例えば卵巣、副腎の疾患により起こる「多毛症」と診断された場合、治療が必要です。投薬を受けながらレーザー脱毛が行われることがありますが、この場合は健康保険が適用になります。

また、しみについてもごく一部に健康保険適用のケースがあります。病院によっても若干判断に違いはあるようですが、一般的には皮膚がん、遅発性太田母斑様色素沈着症(ちはつせいおおたぼはんようしきそちんちゃくしょう)、老人性角化症、老人性疾贅、扁平母斑、肝斑(かんぱん)の場合はビタミンC・Eの内服に対し、健康保険が適用されます。

このように、エステでの施術には健康保険の適用がありませんので、様々なエステサロンや美容整形、美容皮膚科を比較検討し、納得できる料金のところを選択するようにしましょう。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.