エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加
  • ?エステTOP
  • >
  • Q&A
  • >
  • クーリングオフで解約をしたいのですが、どのようにしたらよいですか?

クーリングオフで解約をしたいのですが、どのようにしたらよいですか?

クーリングオフとは、消費者が業者などと契約をした後でも「消費者が一方的に契約を解除することができる」とした制度のことです。

具体的には、訪問販売、電話勧誘販売があげられますが、基本的に自ら店舗に行って購入した場合は(普段のお買いものがそれにあたります)、クーリングオフは認められません。

しかし、エステ、語学教室、学習塾などの特定継続的役務提供業者は不適切な勧誘行為が行われやすいため、店舗で契約した場合もクーリングオフが認められています。

まずエステのクーリングオフの条件として、
契約の役務名称「エステティックサロン」、
契約期間「1ヶ月を超える期間」、
契約金額「5万円を超える金額」
を満たしている必要があります。

この金額の中には、入会金、施術料金、またサプリメント、化粧品などの関連商品も含まれます。(エステ契約はそのままで、この関連商品のみを解約することはできません)

では、クーリングオフの方法ですが、エステ業者から契約の書面を受け取った日から数えて8日目までの間に、先方に解約の意思を書面にて通知します。

この期間であれば一方的にクーリングオフすることができます。このとき、送付した日付を証明できるように、配達証明付内容証明で送るのが最適です。内容証明とは、送った内容を郵便局が証明してくれるもので、クーリングオフをした証拠となります。

具体的手順は次の通りです。
1.クーリングオフの意思を明記した書類を用意します。
 契約日、商品名、販売会社を記載し、これを解除する旨を記載します。
 差出人の住所、氏名も記入します。
 文具店などでクーリングオフ用の内容証明郵便用紙(記載例もあり)が販売されていま 
 すので、利用すると便利です。

2.この書類を2部コピーし、郵便局に合計3枚を持参します。

3.様式通りに記載されているか認証されれば、証明印が押されます。

4.1枚は業者に送付され、1枚は郵便局に5年間保管され、残り1枚は本人控えとなります。

5.配達証明をつけることで、業者に配達された日付が証明された配達証明が、後日送られて 
 きます。

また、クーリングオフの期間を過ぎてしまった場合は、契約期間が1ヶ月以上で、かつ契約金額が5万円以上であれば、一定の条件に基づき中途解約できることが法律で定められていますので、別途手続きを行ってください。

スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.